当社社長の菅井利雄が、農研機構で、広報講座を行いました。

2017年6月、当社社長の菅井利雄が、農研機構で、広報講座を行いました。

詳細はこちら http://www.prap.co.jp/topics/170620_722.html

2017年3月、当社社長の菅井利雄が、法務省で、広報講座を行いました。

年間を通じて同局が取り組む受刑者の社会復帰支援、全国の刑事施設(刑務所等)に関連した作業製品の展示即売など、常に社会的評価を意識した広報活動を行っておられますが、職員が備えるべき意識や技術をより一層高めていく狙いで企画されました。

講演では、単に記事化やパブリシティという成果物を求める前に、広報に関わる際の心構えや対外姿勢として「アカウンタビリティー」の重要性もお伝えしながら広報事例や報道資料の寸評も交えて解説し、2時間ほどではありましたが終始熱心に耳を傾けていただきました。

2017年3月、当社社長の菅井利雄が「島原半島・天草三角地域観光連携協議会」で講演しました。

熊本県と長崎県の自治体で構成される「島原半島・天草三角地域観光連携協議会」からの招きで、市担当者・観光協会職員を対象に広報セミナーを行いました。

観光に携わる協議会加盟自治体(島原市、雲仙市、南島原市、天草市、上天草市、苓北町、宇城市)の魅力を積極的に発信していこうという狙いから、周辺県から首都圏まで幅広く展開するパブリシティ戦略をはじめ、ニュースリリース作成の留意点、実践的なメディア活用術まで、実例を交えながら90分ほど講演。世界文化遺産の候補地も含む同地域の広報力強化に僅かながらつながればとの思いを込め実施した講演となりましたが、多くの加盟自治体担当者の方々が、終始熱心に耳を傾けていました。

2017年1月、当社社長の菅井利雄が、福生市役所(東京都)で講演しました。

東京都福生市役所で「パブリシティ研修」をテーマに講師を務めました。

市の魅力を積極的に発信していこうという市の方針に従い、自治体として押さえるべき広報の基本スタンスから実践的なメディア活用術まで、実例を交えながら2時間ほど講演させていただきました。

最近同市では、市内にある酒蔵と日本酒を紹介するアニメ動画「Tokyo SAKE Brewery」や市の見どころをラップで紹介する実写動画「What’s UP Fussa」を制作。ネット上に配信するなど既成の広報活動に縛られない動きを始めています。講義では、これら市独自のコンテンツやすでに高い評価を得る市の子育て施策のPRについても講演後に活発な意見交換がなされました。

2016年7月、当社社長の菅井利雄が、芦屋市役所(兵庫県)で講演しました。

兵庫県芦屋市役所からの招きで「シティプロモーション研修 パブリシティ・進化する広報」をテーマに講師を務めました。

2時間の同講座には約50名の市職員が参加され、終始熱心に耳を傾けてくださいました。広報活動の概念や役割が変化・進化する中、これから行政広報はどうあるべきか、また新聞・テレビなどの既成メディア、台頭するデジタルメディアとどう向き合うべきかなどを語り、プラップジャパン在籍時に習得した効果的なパブリシティ手法やテクニックを披露しました。

ブレインズ・カンパニーは、プラップジャパン100%出資の国内関連PR会社。企業・団体・行政の戦略的広報コンサルティングおよび広報代行業務を手がけ、企業広報、製品広報、行政広報などコミュニケーション上の課題に対して的確なアプローチを提案。専門スタッフがメディアはもちろん各界インフルエンサーとのリレーションを駆使してベストマッチな情報設計とネゴシエーションによって効果的なPR実績をつくりあげています。

 

Comments are closed.